4-4、創造集団の継承!

2018年06月29日 06:00

創造集団「音楽舘」は、音楽舘会員待遇として継続登録し、まずは「VAN VAN LIVE 101」よりの、復活再開でした。その後に訪れるバンドブームの間も、「アコギ」と向かい合い、励まし続けて来た「フォーク・キャンプ」も、1998年9月10thで終結!。その精神は、音楽舘「ふるさとライブ」や「会員ライブ」として・・・又、1998年からは、「ACOUSTIC FESTIVAL」として、現在まで継承されている。
sutadio-naibu.jpg
1992年4月~1993年「ふるさとライブ」6本。
1993年4月~2001年「会員ライブ」175本。
 ※93年(6本)/94(10本)/95(13本)/96(33本)/97(42本)
 ※98年(36本)/99(19本)/2000(11本)/01(1本)
1998年12月~2016年01月現在「ACOUSTIC FESTIVAL」74本。


「ライブ・ハウス」は、珈琲や食事の店のバックミュージック(BGM)として、レコードでは無く「ピアノ」や「アコギの弾き語り」の生演奏がサービスとして提供されたのが、始まりだと思う。だから、その雰囲気に合う音楽がセレクト(審査)される事は、仕方が無い事でもある。勿論、審査をクリアすれば、ライブ特別MENU料金やチャージが設定されていて、ミュージシャンにバックされたが、スタンダード曲や流行歌のカバー演奏を要求される事も当然のように有った。しかし、それが「バンド・ブーム」の中で様変わりしていった。「審査」は、残されたけど「ノルマ(集客)」も課せられるという、お店に都合の良い変貌だ。酷い所では、「水」の持ち込みまでも禁止だとか・・・。集客力の少ない「アコギの弾き語り」は、だんだんその場を失いかけて居た。

「バンド」の音響(PA)は、ある意味楽だ。デカイ音と派手な照明をピカピカやってれば良いから・・・。お目当ての「バンド」が終われば、お客も入れ替わってくれるから、キャパが10人位の所でもライブは成立する。何より、メンバーも3人以上だから、1人分のノルマも安くなるし、動員力も3倍に上がる。結果、お店は儲かるベストな仕組みだ。「バンド」目当ての「ライブ・ハウス」で有れば、当然名称も横文字の方が似合うよね。

そんな時代に逆らうように「アコースティックは、音楽舘」を、キャッチフレーズに1992年4月OPENした。勿論、飲食は「自販機」程度の「純粋なホール」です。大阪時代の苦労(会場・PA・照明の準備)や創造集団「音楽舘」の活動の中で、語り合われた「僕らの夢のホール」の実現だった。

その想いは「ふるさとライブ」と言う名前で始まった、アコギの弾き語りライブだった。創造集団から引き継いだ「会員制度(優遇システム)」に、増えるバンド会員のシステムを加え・・・一周年からは、「アコギ」「バンド」の区別無く出演出来る「会員ライブ」に名称が変わった。入会すると、誰でも出演出来るライブだ。毎月の入会者の増加が、ライブ数を増加させた。2000年までの8年間に175本が開催されたが、1997年の年間42本をピークに急激に減少し始めた。ブームの終わりなのか?、バンドが解散したのか?・・・。「審査」も「ノルマ」も「入会」の必要も無い、アコギのストリート活動が盛んになって来た。「時間」の制約も無ければ、あわよくばヨッパライのおじさんの「息子への愚痴」を聴いてあげて、リクエストの長渕を唄ってあげたら「投げ銭」も入る。(好きな歌を唄って、¥5000-も稼げれば、コンビニでのバイトよりは断然良い!)寂れた商店街からも、活性化に!と追い出されるどころか、歓迎されたようだ。

「バンドブーム」の名残なのか、「ギター」と言えば「エレキ・ギター」の総称に、いつの間にか変わっていた。私たちの「ギター」は、「アコースティック・ギター(アコギ)」と呼ばなければ、ならなくなっていた。

プロもアマも圧倒的に男性シンガー・ソングライターの方が多い。ボーカルだけのアイドル・シンガーとか、ピアノやキーボードだけとか・・・・女性シンガー・ソングライターの少ない現状の中で、やっぱり続けている人を応援したいと、2001年頃より年に一度3月8日(国際女性デー)前後に「女性ACOUSTEIC FESTIVAL」を開催した!。当初は「秘密の花園」とか、意味ありげなサブ・タイトルでしたが・・・仕事・恋愛・結婚・子育て・出産・離婚・・・等、女性シンガーの生活環境の変化の中、その継続にはまだまだかなりの決意が要求されるようだ。

■HOT NEWS■

FC2Blog Ranking



コメント

  1. 音無 ヒズミ | URL | -

    コメント返信

    そうですね
    愛が原因で…っていうことはよくありますから
    今もそう これは昔から変わらないですよね
    強い愛=強い心こういう考えかたもいいです
    ボクには思いつきませんでしたよ
    Heart&Peace 
    とても良いテーマだと思います
    いつかアストトさんの唄を聴いてみたいです

  2. アストト | URL | -

    ありがとうございます。

    僕は、それが音楽(唄)の役割だと思って唄い続けて来ましたよ。
    我が人生に悔いは無い!です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gakori.blog39.fc2.com/tb.php/93-4a2da4aa
この記事へのトラックバック