7-2、我古里/登録歌詞

2017年08月14日 06:02

No.315(2012) ④#312~#321
詩:ソワニエ看護専門学校18期生編(10)
曲:八木たかし Key=G
(オリジナル)
sowanie18.jpg
連続11年目の看護専門学校「体験的音楽論」の講師をさせて頂く中で、宿題として学生44人が創作(替え歌)。
312(岡田)
大歩危小歩危 葛橋
森林浴には もってこい
忘れないでね 祖谷そばも
太目の麺が 魅力的
 ここは「徳 島」 我古里

313(尾崎)
朝まで飲んで 語ったり
あきれるほどに ふざけたり
行ったり来たり 止まったり
一人っきりで 悩やんだり
 ここは「第二の」我古里
 ここは「神 戸」我古里

314(河原)
ひたすら登る 山の中
澄んだ水面が お出迎え
髪まで濡れて 川遊び
夏の一日 亡き祖父と
 ここは「思い出」我古里

315(川原)
虫の音唄う 秋の頃
人目ひきつけ さっそうと
二頭が競い 盛り上げる
境内かける 神馬かな
 ここは「寄 島」我古里

316(川部)
オリーブ園に 広い海
白菜畑 牡蠣に桃
一度はおいで 港町                 
里の海だよ 瀬戸の海
 ここは「牛 窓」我古里

317(高野)
山がいっぱい 田舎だよ
魚がうようよ 田舎だよ
虫もうじゃうじゃ 田舎だよ                
桜も綺麗 田舎だよ
 ここは「上 郡」我古里

318( 畷 )
ハワイがあるよ 赤瓦
夜空が綺麗 灯りなし
川が冷たい 水美味い
蛍たくさん 癒される
 ここは「倉 吉」我古里

319(馬場)
ピオーネ畑 桃畑
豊かな自然に 育まれ
太陽の光 浴びながら
日毎甘みが 増してゆく
 ここは「赤 磐」我古里

320(若槻)
「だんだん」の意味は ありがとう
「まめな」の意味は 元気だな
「たばこする」は 休憩だ              
これが地元の ことばだけん
 ここは「奥出雲」我古里

321(和田)
フナムシ採って 海に投げ
坂を走って 鬼ごっこ
遊び場だったよ あの島は
今は立派な 観光地
 ここは「犬 島」我古里

■HOT NEWS■

FC2Blog Ranking



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gakori.blog39.fc2.com/tb.php/479-d1a83d07
    この記事へのトラックバック