FC2ブログ

9-3、<エッセイ集>歌は、世に連れ

2019年10月26日 22:00

◆2010/11/23・「Heart & Peace 」

私が唄い続ける永遠のテーマでもある。一般的には、「LOVE & Peace」が良く使われているが、「LOVE」は時に争いの原因にもなる事が多いから、「Heart」にして見た。
irakukuubaku.jpg
2010年11月23日15:30-頃、北朝鮮が韓国の一般住宅を砲撃したニュースが、世界中を緊張させた。
私が生まれる3ヶ月前に始まった朝鮮戦争は、3年間続き民族の心と朝鮮半島を南北に二分して終結した。残された、国連が引いた38度線の延長線上の領海をめぐって、その後も続いていた南北の小競り合いの先の出来事のようだ。「誰が、祖国を二つに別けてしまったの?」発売禁止にもなり話題になった、幻のFOLK SONG「イムジン河」の一節の歌詞が心の中を何度も繰り返し流れた。
米国が南をソ連が北を、目に見えて支援した事で、戦火は大きくなった。日本は、終戦後の不況下で・・・その米国への武器支援で大きく復興して行ったのだ。それが、5年前まで鬼畜米英と叫んでいたこの国の「正義」なのだろうか?。
「愛」や「正義」は、その国のお金と大きく繋がっている事に、この時に気付かされた。
その後の、ベトナムやカンボジアやイラク等の戦火も、私には同じように思えるのだ。

この地球上から「戦火」の消える日を夢見て唄い続けて来た私には、虚しさだけが残った。
テレビでは、北から南が砲撃された画像と南の被害状況だけが報道されているが、その10倍以上の南から北への応戦砲撃も有った筈ですが・・・・?。もはや、その力の差は歴然である筈だと思うからだ。

私には、親の虐待に脅えもがく子どもたちの姿にも重なって見える。

誰が悪いのでは無く、そんな時代の犠牲になる「人の生命」を最小限に止めたいのだ。
それを実現可能に出来る立場の人の「心の問題」だと思うから・・・。

「人権トーク&コンサート」が、予定も含めて190本を越えた今、この現実をどう受け止めて良いのか・・・
改めて「Heart & Peace」を、私が唄い続けるその意味と力を、何処かで探している自分が居た。


■HOT NEWS■

FC2Blog Ranking



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gakori.blog39.fc2.com/tb.php/435-47523464
    この記事へのトラックバック