FC2ブログ

白 い 部 屋 で

2019年02月02日 06:00

No.239
詩:片岡優子
曲:八木たかし Key=G
(1994/06/28)フォークスクールの終了は、創作曲ですが・・・受講生の約半数は、興味がありながら難関のようです。4期生の片岡さんは、入院中の実体験の詩を書いたのだが・・作曲に難航していたようなので・・・こんな感じでどう?と私が作曲。後、僕の曲が気に入らなかったのか?自分でも作曲されて唄われていました。(ちょっと、似てるけど??)
byousitu.jpg
白い天井 消毒液の臭い
窓から見える 小さな青空
ジュースの空き瓶に 誰かが挿した
コスモスが 風に揺れている
 振り返る事など 知らずに
 ここまで走り 続けてきた
 細くなった手首を 見つめて思う
 今までの私 これからの私

白い天井 消毒液の臭い
窓から見える 小さな青空
どこからか聞こえる 口笛が
いつまでも耳に こだまする
 あなたの想いは 海を越えて
 あなたの言葉が 風になる
 あなたの温もりを 感じたくて
 記憶の中の あなたを探してる

白い天井 消毒液の臭い
窓から見える 小さな青空
これから私は 眠りにつきます
目覚める時を 待ち続け
 あなたのために 目覚めたいと
 私のために 目覚めたいと
 出来る事なら もう一度だけ
 この街の ここに目覚めたい

■HOT NEWS■

FC2Blog Ranking



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gakori.blog39.fc2.com/tb.php/361-ae47f6fb
    この記事へのトラックバック