FC2ブログ

ひ か る

2020年02月25日 06:00

No.289
詩:平田百合子
曲:八木たかし Key=D
(2001/8/6)インターネットで出会った平田さん。ホームページでポエムを公開されていて・・・その中の3編に創作させて頂いたひとつです。芸術も経済も、都会を目指す!そんな時代が有りました。いわゆるバブル期ですが・・・その頃、私は逆に大阪から倉敷に帰って来た。地元でなかなか評価されないもどかしさを抱えた若者の落ち着かない活動を見守りながら・・・私は、ここで生きることを決めた。勿論、それぞれの人生だから何処で生きても良い筈だ。自分らしく生きられる場所であれば・・・。そんな私の心にぴったりの詩でした。
(絵:amatsubame)
yakanhikou.jpg
すみれ色の夕雲が ささやいた
あなたのこころ 光ってないわ
わかっているさ わかっているんだ
自分のことだもの 
けれど どうにもならない
ことだってきっとあるんだよ

ふみだせない心と ちぎれた想いは
もうけっして 戻らないってこと
前を向いては いるんだが
足は後ろへ行きたがる
そうやって だんだん光から
みんな離れて行くんだね

ぼんやりと笑いながら 遠のきながら
やっと気づいた 出会いの不思議さ
きみたちは笑い さざめいておくれ
春色の光の中で

ぼくは  ここでいいよ
とりのこされた 風のざわめきと
密色に光る月の涙ががあれば
きっと生きて行けそうだから

ぼくは  ここでいいよ
とりのこされた 風のざわめきと
密色に光る月の涙ががあれば
きっと生きて行けそうだから

■HOT NEWS■

FC2Blog Ranking



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gakori.blog39.fc2.com/tb.php/336-d5ba8313
    この記事へのトラックバック