FC2ブログ

海 の 子 守 唄

2021年05月24日 06:00

No.290
原詩:鎮田たつ子(静岡)
詩/曲:八木たかし Key=Am
(2002/02/28)静岡県の東伊豆の稲取・大川・等で、3回ほど唄わせて頂きました。その主催者の一人だった鎮田さんの詩に作曲。コンサート後に案内して頂いた伊豆の海が、この詩のままでした。
izu51_convert_20080709153320.jpg
煌めく海は 今は眩しくて
打ち寄せる波の 囁き聞きながら
水平線の向こうには 遠き古里
母の背中で 聞いていた子守唄

くすんだ海は 今は哀しくて
浮かぶ小舟に 群れ飛ぶカモメたち
知っているのか海の男の 僕の親父が
荒れ果てた声で 唄ってた子守唄

遠くを見つめる 年老いた男が
白い小石を ひとつ投げ入れた
煌めく波間に一瞬光が 確かに見えたよ
溜息深く 胸にしまった子守唄

煌めく波間に一瞬光が 確かに見えたよ
溜息深く 胸にしまった子守唄

FC2Blog Ranking



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gakori.blog39.fc2.com/tb.php/335-b9c5d1e1
    この記事へのトラックバック