FC2ブログ

黒百合の詩

2018年11月29日 06:00

No.304
詩:西田トシアキ
曲:八木たかし Key=Em
(2005/04/22) 奈良の「パンダ病棟」で出会った西田さん(↓写真、左から2人目)は、登山が大好きなようだ。それも、本格的なロッククライミングのようだ。毎年、同じ所に咲く「黒百合」に会うために、あの岸壁に挑むのでしょうか?。本当は、そこでずっと一緒に暮らしたいのでしょうか?。それとも人生は、長い短いでは無く・・一緒に過ごす時の一瞬の輝く笑顔だけでも、充分なのかも知れないね。
pandanishida.jpg
遥か氷河の 記憶の中に
咲いたあなたは 黒百合の花
冷たい根雪に その身を凍らせ
荒ぶる風に その身をまかせ
 私が去った その後で
 小さな生命を 閉じるのでしょうか
 ずっとこのまま 抱きしめていたい
 あなたの震えが 止まるまで

光る岩肌 この谷見つめ
咲いたあなたは 黒百合の花
雲に隠れた 三日月を捜して
漆黒の闇に ひとりおののいて
 私が去った その後で
 短い生命を 閉じるのでしょうか
 ずっとこのまま 抱きしめていたい
 あなたの涙が 止まるまで

宇宙の雫を 浴びながら
咲いたあなたは 黒百合の花
流れる雲を 追いかけながら
流れる星に 今日も涙して
 私が去った その後で
 短い生命を 閉じるのでしょうか
 ずっとこのまま 抱きしめていたい
 あなたに笑顔が 戻るまで

■HOT NEWS■

FC2Blog Ranking



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gakori.blog39.fc2.com/tb.php/324-b7f01c45
    この記事へのトラックバック