FC2ブログ

ラ ラ バ イ

2020年02月08日 06:00

No.305 
原詩:金 潔
詩/曲:八木たかし Key=Em
(2006/01/12)親しい友人や、尊敬する仲間達が他界する度に唄が生まれた。その事実を現実を、自分自身に納得させるように・・。その繰り返しが人生なんでしょうね。生きている時は、誰かのお世話になり支えられている事に気付かず、失ってその偉大さに気付いたり・・・。過去に拘り過ぎると、欝になり・・未来を考え過ぎると、投げやりに分裂気味になる弱い自分・・・。過去・現在・未来・・・そのバランスが大切なのだろう・・・それが唄であり、唄の中に発見した時・・・もう少し唄いたい!と思えるのだ。(関連記事参照
pandakane.jpg
 人は悲しみに 出会うたび
 生きる力を 心に溜めて
 涙は心の 汗だよって
 笑った友よ 今はいずこ
ララバイ ララバイ あの頃流した涙と共に
ララバイ ララバイ いつも唄いながら

 傷付くことは 生きている事
 生きることは 傷付け合う事
 あふれる涙の その訳を
 解っているのは 自分だから
ララバイ ララバイ あの頃流した涙と共に
ララバイ ララバイ いつも唄いながら

 疲れた時には 明日を思い
 悩んだ時には 昔を語り
 人は今日を 生きている
 自分だけの 今を生きる
ララバイ ララバイ あの頃流した涙と共に
ララバイ ララバイ いつも唄いながら

ララバイ ララバイ あの頃流した涙と共に
ララバイ ララバイ いつも唄いながら
ララバイ ララバイ いつも唄いながら
ララバイ ララバイ いつも唄いながら

■HOT NEWS■

FC2Blog Ranking



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gakori.blog39.fc2.com/tb.php/321-b06f81af
    この記事へのトラックバック