FC2ブログ

君 は そ よ 風

2019年04月29日 06:00

No.138
詩:大上昌伸(21歳)
曲:八木たかし Key=C
(1982/12) 「生きてる」存在感は、周りの「もの」によって感じられる。人であったり、風であったり、時には「時計」の針の音だったり・・・。「くしゃみをする」「眩しい」「涙が出る」「愛おしい」・・・生きていると言うことは、本来もっと「個人的」で「自由」な筈だ。そして、もっともっと楽しい筈だ。自作品の「風よ伝えて」と、同じ臭いを感じた。(関連記事参照
inu.jpg
(絵:amatsubame)
移り行く 季節の中で
いつも君を想っていた
たとへ 傷付き 転んでも
君が 居たから 立ち上がれた
※REF.君はそよ風 自由に吹きぬける風
     君はそよ風 心に夢を運ぶ風

沢山の 出会いの中で
いつも 君は光っていた
たとえ 傷付き疲れても
君は いつも 笑っていた
※REF.君はそよ風 自由に吹きぬける風
     君はそよ風 心に夢を運ぶ風

過ぎ去った 人生よりも
訪れる 人生に向かい
いつも 歩き続ける
君が 居るから 唄い続ける
※REF.君はそよ風 自由に吹きぬける風
     君はそよ風 心に夢を運ぶ風

ashiten.jpg akogare.jpg
収録作品集、③(TAPE) ④(歌集)

■HOT NEWS■

FC2Blog Ranking



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gakori.blog39.fc2.com/tb.php/248-61bc4d21
    この記事へのトラックバック