FC2ブログ

僕 ら の 唄

2018年12月31日 06:00

No.273
-小西利幸君へ-
詩/曲:八木たかし Key=Am
(1999/01)私の唄は、まるで消えた生命の代わりのように生れてくる。本当は、生きている間に一緒に唄いたかった。失って気付く重さなのか?・でも後悔の懺悔でもない!。時々思う、それが私の唄う意味(使命)なのだろうか?。普通なら、悲しくて唄えないよね。多分、その消えた生命は、いつか来る私自身なのかも知れないと思うから唄えるのだろう。いつか来る「その時」を穏やかに迎え入れられたら・・・そんな思いが、創り・唄う力になるなだろう!。 (関連記事参照
homegl3.jpg
僕らは知っているよ 君が君の足で
ここに立ってた事 歩いていた事を
僕らは忘れない 君が君の手で
ギターを弾きながら 唄ってたあの日を
穏やかな日に 唄ってたあの日を

僕らには聞こえるよ 瞳を閉じたままで
身体震わせて 唄ってる声が
今でも聞こえるよ 君が君の声で
うたう僕らの唄 微笑みながら
思い出す夜 微笑みながら

僕らは知っているよ 君が君の足で
ここに立ってる事 唄ってる事を
僕らといつまでも 唄い続けよう
君と僕らの唄 唄い続けよう
いついつまでも 唄い続けよう

■HOT NEWS■

FC2Blog Ranking



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gakori.blog39.fc2.com/tb.php/210-17483ff4
    この記事へのトラックバック