FC2ブログ

3-2、地域運動の中で・・・

2019年09月22日 06:00

(2)倉敷音楽友の会、結成

★1981年、倉敷カトリック教会で倉敷音友準備会主催で「サンデー・ファミィリー・コンサート」・美観地区の「くらしき亭」や「シャコンヌ」等で、会員の飛び入りライブ(これが、VAN VAN LIVEの始まり)・私の「2nd Home Grand Live」等を開催。そして、9月6日「結成総会」を迎えた(会員数は、100名弱でしたが・・)。大阪時代にお世話になった「すずききよし」氏をゲストに開催。
(1981年9月6日「倉敷音友結成総会」倉敷市民会館/和室)
ontomo211.jpg
岡山音友からは、独立(集団脱会)したが、全国組織に加盟する力量は無く・・・岡山音友の(援助・指導を受けながら)下部組織のような、位置での発足でした。LABの事務所が、連絡先になっている関係から、事務局長を引き受けた。
引き続き倉敷地域での小さなライブを定期的に開催しながらも、会員のアンケート結果により可能な予算規模の例会を主催して、数々成功させた。「川津恒一」「横井久美子」「すずききよし」「日本フィル室内楽」「高橋竹代」「ナターシャ・セブン3人会」「桂 九雀」「野田淳子」「高石友也」「杉田二郎」「八木たかし」等の、例会でした。
natasya3.jpg
★1983年9月、第三回の総会を迎えた頃から、岡山音友から独立した組織なのに、全国への加盟やその会費の上納金等の問題やら・・・ブロックや岡山で決定された例会が、経費節減で倉敷へ押付けされる問題が出て来たり、あげくには岡山音友自体の過去の累積赤字まで分担させられそうになって来たから・・会員からの不満が急浮上。労音の精神は、否定しないけど・・会員の要求する音楽例会を実現する会では、無くなりかけて来たような状況で、会員数もどんどん減少・・・自然消滅的に閉会と言う形になってしまった。(私の人生で、初の挫折?かな・・・笑)。岡山音友も、その数年後財政破綻なのか?閉会されたようだ。

「良い音楽を、より安く!」「良い音楽は、良い聴き手が育てる」この信念は変わらず、音友の中で歌い続けて居た仲間たちも含めて、その後に結成された創造集団「音楽舘」や「音楽舘会員システム」の中に、脈々と生き続けていると、今も思っている。

■HOT NEWS■

FC2Blog Ranking



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gakori.blog39.fc2.com/tb.php/170-09a6a560
    この記事へのトラックバック