FC2ブログ

2-1、関西フォークとの出会い

2019年10月10日 06:00

(2)働くこと、創ること

時は、第二次フォークブームで、先輩の影響も有り細々と唄い始めた。その寮で自治会主催の「成人者を祝う会」で唄っている写真が残っていた。私が20歳なのか?・・・先輩?後輩?を祝う会なのか、不明ですが・・・この成人の日を、私が人前で唄い始めた日に設定することにした。(ギターは、3代目「HAWAI」製)
1970.jpg
1970年 (万国博覧会開幕・赤軍派よど号ハイジャック事件)全日本フォーク・ジャンボリー(岐阜県花の湖)。関西フォーク・キャンプ(大阪能勢妙見山キ)。京都フォークソング連絡会議結成。フィールド・フォーク胎動。(広島フォーク村 吉田拓郎、活動開始。三島由紀夫割腹事件)開催。
1971年 春一番コンサート開始(天王寺野音)。全関西フォーク・ジャンボリー「うたの里」(京都・大江山)。全日本フォーク・ジャンボリー(岐阜県花の湖)で、反乱占拠の末終幕。


同期のフクムラ氏は、大卒入社でいつも兄貴的な存在でした。予備校に通う私達にも、優しく勉強も教えてくれた。私と同じ製造課に配属されたが、すぐに設計課に・・・そして後、本社の営業課で活躍していた。そんなある日、フクムラ氏が出社していない!っと言う問い合わせ電話が入った。昨夜は、見かけなかったので・・・寮母さんに、彼の部屋を確認してもらうと・・・彼は、その部屋で既に深い深い眠りについていた。何度も身体を揺すっても、永遠に目覚めることは無かった。雪のチラつく寒い日だった。後に解ったことだが、少し風邪気味だったにも関わらず、日帰りで出張に・・・今で言う「過労死」だったのかも知れない。6月には、同じ職場の女性との結婚も予定されていたが・・・。後日、その女性から一遍の「詩」を渡されて、作曲した。彼の追悼の集いか何かで一度唄った。それが、「あなたの言葉」である。

たった一人の思いを、たった一人の届かぬ人に届けたくて・・この歌は、その後二度と唄うことは、無かった・・・。創作2曲目にして、そう言う唄もあるのだ!と知った。

■HOT NEWS■

FC2Blog Ranking



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gakori.blog39.fc2.com/tb.php/161-7e0f4e23
    この記事へのトラックバック