FC2ブログ

1-2、小年期

2019年10月13日 06:00

(5)運命との出会い

経済は、バブルに向かってまっしぐら・・・大学紛争も絶頂期で、高校にまで飛び火して来た。工業高校の頭髪は、丸坊主が当たり前でしたが・・・岡山工業高校で「頭髪の自由化」が決まったことで、倉敷でも!の声が上がった。
anndou-komorebi.jpg
進路が決まったら頭髪は自由になる筈の3年生が、丸坊主に赤いハチマキでその運動の中心に居たから面白い。放課後の体育館に押し込められて「学生集会」、体育祭ボイコットも!の結果に、職員会議は深夜まで続き、体育祭当日の朝「頭髪の自由化」が決まり、記憶に残る盛大な体育祭になった。小学生の頃からずっと坊主頭の私には、あまり興味の無い出来事でしたが・・・。

1968年 「イムジン河」発売中止。高石友也事務所発足。第三回フォーク・キャンプ(京都山崎宝寺)に、東京から高田渡・遠藤賢司が、参加。岡林信康「山谷ブルース」を歌い始める。(三億円強奪事件)

<運 命>

倉敷市水島工業地帯の好景気のおかげなのか、安い労働力の県外流出を防ぐためなのか、高校3年になると直ぐに就職試験が有りました。当時、電気科の就職先は、トップが日本電気(NEC)・・次は、大手○○電機・○○電器(株)で・・・その次は、大手○○(株)の電気部門だった。ちなみに、公務員はその次だったような。長男でもある私は、当然のように水島の大手企業を選択した。ところが、その試験日前日の朝礼で腹痛に襲われ、保健室で休息するも治まらずに早退。その夜に「急性盲腸炎」で入院手術。翌日、付き添いの父も「盲腸炎」で入院。この入院中の10日ほどが、大きく人生に影響したように思う。その10日間で、県内大手の就職試験は、全て終了!。親子丼の病室で、将来について、父と語り合う時間が出来た事も不思議だ。結果、もう少し勉強もしたい!と言う希望も「働きながら」を条件に許可され、退院後「横浜」「京都」「大阪」の3社に願書を提出し、最初に試験が有って、二日後に合格通知で大阪のH電機への入社が決定した。

偶然なんですけど、今から思えば「関西フォーク」に出会うための、出来すぎたシナリオのようにも思える。もしも、盲腸になっていなかったら・・・・。場所は違っても、きっと唄っていたような気がする・・・そんな音楽の魅力を少しは、感じ始めていたようにも思う。

1969年 高石事務所がURCレコード設立。新宿西口広場事件等、フォークゲリラが活動。フォークからロックへ。(東大安田講堂占拠事件・米宇宙船アポロ11号月面着陸)第一回「中津川フォーク・ジャンボリー」

■HOT NEWS■

FC2Blog Ranking



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gakori.blog39.fc2.com/tb.php/160-ab936d3a
    この記事へのトラックバック