FC2ブログ

4-3、KING OF THE LIVE

2018年06月30日 06:00

1993年9月から、半ばお遊びで始めた「入場者アンケートによる投票」ですが・・・これだけ続くと、面白いね。その年間最高得票者(年KING)の写真は、音楽舘ロビーに掲示されています。
kingofthelive.jpg

さて、現在の「KING」の状況は・・・?
その月の月間最高得票者(月間MVA)は、翌月の音楽舘通信の表紙を飾って頂きます。(A:アーチストの略)そして、2月11日(祝)に、前年獲得票の上位4組の「表彰ライブ」を開催。

アンケートの投票を2票制に!が、画期的ですよね。実は、2票目こそが義理とか人情から開放された客観性を持つ真の投票のような気がするから・・。国会議員や市会議員選挙でも、2票制だったら!といつも思っていたから・・・。

2002年より、音楽舘への利用貢献度ポイント制を追加導入!。
出演時間(10分=1P)・動員数(10人=1P)によるポイントを投票数に加算する事に・・・。音楽舘の存続は、ここでライブを継続されている人と来られるお客様のお陰です。お客様からの1票が、お客様からの拍手が、単にその日の演奏の結果だけでは無く、アーチストの方向性への共感であり、より良い作品創作への期待感だと、今でも信じたいね。樹木は、地上に見えている部分と同じだけ、根を広げている!と聞く。要は、地上と根のバランスが良い人が「真のMVA」だと思います。お遊びで始めた「人気投票」ですが、そんな力さえ感じられるのも続いているからだと思います。エントリー出演者数も、540組を超えた(2011年末)。正にKINGは、音楽舘の歴史そのものなのだ!とも言える。

2010年、過去の年間KING獲得者を「永久名誉会員」として登録する事にした。条件としては、年間120票以上の獲得!又は、KINGを2回以上の獲得者!。永久名誉会員は、会費免除で会員特典待遇を受けられます。勿論、音楽舘が存続する限り永久に・・・です。

2011年8月、アンケート投票が低調で、利用貢献度ポイントのみが獲得票になる傾向が・・・。そして、現状制度では、集客数よりポイントが少ない実態も判明。何より、集客が評価されるべきで・・・集客数は、動かぬ全得票数にならなければ!ですね。しかし、集客が厳しい発展途上の方もおられるから・・・併用で、多い方のポイントを得票とする事にした。又、音楽舘への貢献度であれば・・・「会員の日」や「紙風船」等、音楽舘への来館日数・・ライブへの参加(+1)も考慮されるべきですよね。(アンケート投票を廃止)

2012年、「表彰ライブ」は、対象者上位4組の得票が多い年ほど盛り上がった。過去の実績から、対象者の獲得票を年間80票以上とする事にした。まずは、順位よりも得票に意味を持たせたいから・・・・。結果、2011年の「表彰ライブ」は、該当者1組で・・・ライブ開催を断念した。この悔しさが、これからのバネになる事を願って・・・。

●過去の年間「KING」獲得者と得票 ※近況

★1993年「MARU」182票
 ※ 現在、福岡在住と聞く。ギター1本で、熱い魂を歌っていた。
★1994年「GAGYUS」124票
 ※解散後、「Home sick Tones」と「ししゃも」に分割されて・・・
★1995年「The Bankees」106票
 ※解散後、ギター「たつや」は、「ししゃも」と一緒に活動中!
★1996年「Realize」291票
 ※解散後、一部上京。世界的なピアニスト「松本和将」も、そのメンバーだった。年間得票最高記録。
★1997年「川崎晃平/CB-F-SHOUT」88票
 ※高校卒業で分散。川崎のソロ活動が期待されたが・・・
★1998年「トリッキー・チェリ-」117票
 ※1999年解散後、Vo中心に「One Peace」を結成。
★1999年「八木 たかし」49票
 ※バンドブームの急激な衰退で、アコギたちが浮上する。
★2000年「根岸 静之」 49票
 ※オリジナル曲や山崎まさよし氏のギターコピーで活躍。
★2001年「藤原 シゲトシ」46票
 ※2002年11月郷里静岡へ帰られてから活動再開中!。
★2002年「八木 たかし」 79票
 ※アンケート投票への活気が無く、出演時間・動員数によるポイント加算制を導入する。
★2003年「八木 たかし」  81票
 ※KING獲得の、翌年から消えると言うジンクスが囁かれる。
★2004年「Shin」109票
 ※2003年岡山でストリート活動開始。その後、来舘ライブ。
★2005年「Shin」 96票
 ※史上2人目の二年連続獲得記録を樹立して、ジンクスを打ち破る。
★2006年「八木 たかし」 103票
 ※活動を地道に継続させてくれるのは、やっぱりお客様ですね。
★2007年「ま る」165票
 ※ブームの頃、バンドで来館。後、ソロのインストとして、再来舘
★2008年「めぐみY」164票
 ※彗星のごとく登場。女性シンガーでの、初獲得記録を樹立。
★2009年「八木たかし」129票
 ※偶数月第三日曜日「@Home」と第一水曜日「SA~Live」へのレギュラー出演で・・・
★2010年「八木たかし」113票
 ※音楽舘館長の「八木」が獲得した時は、得票が低調な年ですね。
 ※年間120票以上獲得、又は2回以上の「KING」獲得者を「永久会員」に登録。
★2011年「八木たかし」111票
 ※表彰ライブの対象を年間80票以上にした事で、対象者1組でした。
★2012年「八木たかし」99票
 ※表彰ライブの対象を年間80票以上にして、対象者2組になりました。
★2013年「ま き/ASHTAR」126票
 ※3カ月に一回のライブ開催で、堂々の受賞でしたが、80票以上の表彰対象者は3組でした。
   3位の「家鴨」出産のため欠場で・・・繰り上げの表彰ライブでした。
★2014年「ま き/ASHTAR」119票
 ※3カ月に一回の定例ライブ継続で、堂々の連続受賞でしたが、80票以上の対象者は3組でした。
   前年の「家鴨」を加えて4組の表彰ライブで、初セッションを試みました。
★2015年「ま き/ASHTAR」110票
 ※定例ライブの継続開催で、またまた連続での受賞でしたが、80票以上の対象者は2組でした。
   ライブを断念しようかと思っていましたが、ASHTAR(90分)で表彰ライブを決定した。
★2016年「ま き/ASHTAR」105票
 ※定例ライブの継続開催、アコフェスへのレギュラー出演で・・またまたまたでの受賞でした。やっぱり、80票以上の対象者は2組でしたが、2組での表彰ライブを決定。
★2017年「八木たかし」97票
 ※表彰ライブの対象を年間80票以上獲得者にしてから、ずっと対象者が同じ2組と盛り上がりに欠け低迷なので、表彰ライブは断念。
★2018年「八木たかし」85票
 ※年間80票以上は、1組でした。相変わらず、盛り上がりませんが・・・止められないので続けています。新しい星の出現を願いながら・・・・。

■HOT NEWS■

FC2Blog Ranking



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gakori.blog39.fc2.com/tb.php/142-d9aa6fc6
    この記事へのトラックバック