FC2ブログ

僕のアルバムに

2019年03月20日 06:00

No.184
原詩:田辺和雄
詩/曲:八木たかし Key=E
(1988/05)香川県高松市在住の脳性マヒと闘う詩人「田辺和雄」。彼と出会ったのは、1987年山陽放送テレビ「スタジオ11」に生出演して3曲唄った時である。テレビの向こう側で僕の唄を一緒に聞いていた彼の仲間から、放送終了後電話が有った。その年の8月にギターを抱えて高松市を訪れた時に、彼の詩を渡されて衝撃を受けた。それは、詩でも文学でもなく、心の叫びであり、僕の音楽に近いものを感じたから、曲を付けて唄うようになった。
ainohiroba2003111.jpg
幼い頃には母さん、僕を背負って
毎日学校へ 連れて行ってくれた
母の背中で僕は いつの日にか
母を背負って歩く 夢を見た

覚えています「母さん」 僕が初めて
自分のこの足で 歩いたあの日のことを
母の涙が僕の 背中の上で
笑ったあの日のことを 覚えてる

雨の日には「母さん」 僕をかばって
傘からはみだした 肩がいつも濡れていた
母と歩く僕の アルバムに
少しずつ明日が見える 鮮やかに

ありがとう「母さん」 ありがとう!「母さん」
ありがとう「母さん」 ありがとう!「母さん」

cd9omote.jpg
収録作品集、⑨(CD)

■HOT NEWS■

FC2Blog Ranking



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gakori.blog39.fc2.com/tb.php/126-bcaf7229
    この記事へのトラックバック