4-6、音楽の付加価値とは?

2018年06月23日 06:00

音楽の付加価値は、その作品(楽曲)の広がりや必要性で決まるのが、正常な時代だと思う!。音楽舘は、時代に埋もれそうな作品(楽曲)を発表(発信)出来る場で有りたい!と願い続けている。
ongakukan-new11.jpg
大阪で唄い始めた頃、ライブハウスでは唄わせて頂けなかった。理由は、お店の雰囲気に合わない!飲食の邪魔?になるものは、お断り!とか、つまり音楽は、お店の生BGMであり・・飲食のつまみなのである。そう言う音楽を創ろうとしていない私たちは結局、町内会館や公民館を借りて、PA・照明を準備し・・・宣伝・チラシも手作りで・・・。それらの経費を集客予定人数で割ってチケット料金を決定!。出演者みんなでチケット売りをしました。赤字分は、出演者で分担。黒字が出れば、次回ライブに繰越。チケット料金は、¥500-~¥1000-で今とあまり変わらないが・・・その頃プロと言われる人たちは、¥2000-~¥3000-でしたから、今はその3倍以上ですね。

音楽舘は、出演者への「珈琲は、無料(サービス)!」ですが・・・音楽を聴きたい方については「有料(チケット)!」を1992年より貫いています。喫茶店の珈琲の原価は60円程と聞いた事が有る。240円は、スペースや雰囲気等の付加価値(儲け)でしょうか?。では、音楽への付加価値(ギャラ)は・・・・?。昔は、その飲食代金の中に生演奏ライブチャージが含まれていて、音楽家にチャージバックされたのだが・・・。

ある町の「ふれあい演歌ショー」で、PAを担当させて頂いた。メインゲストは、森進一さんのそっくりさんでした。MCで「森さんのギャラは、600万円です。・・・そっくりさんだから、300万円貰えたら・・・十分です!(大爆笑)」1ステージのギャラが、サラリーマンの年収を超えると考えると驚くが、お客さんが1000人ならチケットは、¥6000-ですから・・・普通ですね。2000人ならチケットは、¥3000-ですから・・安いようにも思える!。チケット¥1万円でも、発売と同時にSOLDOUTも珍しく無い時代ですから・・・。

年末の「NHK紅白」に出場すれば、翌年のギャラは2倍になる!と、聴いたことが有る。視聴率の高さが、知名度を上げるからでしょうか?。だからプロは、安いギャラでもテレビ等を利用して認知度を高め、それによりチケット料金は上がる。新聞等のコンサート情報を見ても、そのチケット料金は見事なまでに認知度を反映しているから面白い。

アマチュアのチケット料金は、あの頃からずっと¥1000-前後で・・・中には、それでも高い?と言う出演者も居る。高いからチケットが売れない!のでしょうか?。沢山売れれば、安く出来る事は誰でも解かることで、悲しいのは、安くしても売れない時ですよね。結局持ち出しになるし、チケットが高い事を売れない理由にも出来なくなるしね。チケット料金は、そのライブを開催するための必要経費(会場・音響・照明・宣伝・ギャラ・等)を、聴いて頂ける人の予測数で分担する考え方がBESTだと思います。だから、集客予測数が少ない程チケット料金は、高くなる筈ですが・・・現実には、逆で・・・その差は広がり続けている。

音楽舘では、@¥1000-でライブが実現出来るシステムを考えています。<企画ライブ・パック
全国規模で活躍されている方<プロライブ>にも、@¥1000-+αのチケット料金で実現出来ます。(+α分をチャージバック)
つまり、音楽舘では演奏者(利用者)のプロ・アマを問わず、お客様@¥1000-に拘っています。勿論、飲食は無ですが・・・利用者が必要で準備されるのは、自由です。

私への出演依頼やコンサート依頼があった場合は、主催者の規模や予算により製作費(固定か?チャージバック制か?)を提示する必要が有ります。その提示金額が、自分の音楽の付加価値のようですね。その付加価値が、単純に需要と供給だけで決まるのなら、他と違う音楽を目指すことも重要ですかね??。本当の付加価値は、時代に必要かどうか?だと思いたいけど・・・。私の場合は、いつの頃からか創作品数×@¥200-と決めた。創作品数が増えれば、基本製作費が増えるのだ。つまり、農業と同じで一次産業的な考えからで・・・私には、農作物=作品なのです。@¥200-の根拠は無いが、最近ネットからのダウンロードが@¥150-だとか・・・これも根拠は不明ですが、感覚的には近くていい線だと思えてきた。

あるプロモーターから聞いた話だが、チケット発売と同時に売れる数が、その出演者のギャラだとか?。結局、必至に+α販売した分だけがプロモーターの利益だとか?。実に巧妙なギャラ設定に驚いたそうです。なるほど!プレイガイドで見ても、確かに絶妙なバランスのチケット料金ですよね。

珈琲は「珈琲館」。音楽は「音楽舘」が、解かりやすい!。
味噌もクソもぐちゃぐちゃな時代から、早く抜け出したいね。

■HOT NEWS■

FC2Blog Ranking



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gakori.blog39.fc2.com/tb.php/110-bd2b52e1
    この記事へのトラックバック