fc2ブログ

4-2、オープン!

2023年05月31日 06:00

1992年4月19日。OPEN!

当日は、まだペンキの匂いが残る館内に120人の人達が集いました。娘とその従姉妹が受付け嬢で・・・記念のテレカは、一日で完配!。父の替わりに、叔父さんの挨拶。後、第一回目のライブ企画は、勿論「八木たかしHome Ground Live 7」でした。
hgl92.jpg
[ 続きを読む ]

4-3、KING OF THE LIVE

2023年05月30日 06:00

1993年9月から、半ばお遊びで始めた「入場者アンケートによる投票」ですが・・・2020年、コロナ禍で年間80票以上の該当者が無く、終了させて頂きました。その年間最高得票者(年KING)の写真は、音楽舘ロビーにも掲示されています。
kingofthelive.jpg

さて、現在の「KING」の状況は・・・?
[ 続きを読む ]

4-4、創造集団の継承!

2023年05月29日 06:00

創造集団「音楽舘」は、音楽舘会員待遇として継続登録し、まずは「VAN VAN LIVE 101」よりの、復活再開でした。その後に訪れるバンドブームの間も、「アコギ」と向かい合い、励まし続けて来た「フォーク・キャンプ」も、1998年9月10thで終結!。その精神は、音楽舘「ふるさとライブ」や「会員ライブ」として・・・又、1998年からは、「Acoustic Festival」として、現在まで継承されている。
sutadio-naibu.jpg
[ 続きを読む ]

4-5、音のアルバム製作

2023年05月28日 06:00

(1)FIRST ALBUM/TAPE 1990年08月発売
  firstalbum.jpg
(2)音楽舘Ⅱ信/CD 1995年07月発売
  tushin.jpg
[ 続きを読む ]

4-5、音のアルバム製作

2023年05月27日 06:00

(1)FIRST ALBUM/TAPE
firstalbum.jpg
1990年8月10日、製作(LAB-9005)
倉敷文化センター(公民館)大ホールを貸し切って録音しました。勿論、みんな「一発録音」です。

<収録作品>
[ 続きを読む ]

4-5、音のアルバム製作

2023年05月26日 06:00

(2)音楽舘Ⅱ信/CD
tushin.jpg
1995年(平成7年)7月7日発売(LAB-9507) ¥2500-
音楽舘に集う10人のミュージシャンで制作。各々の個性がぶつかり合って、得した気分と・・・聞きたくないものも入っていて、損した気分も・・・同時に味わえる、貴重なアルバムに・・・。

<収録作品>
[ 続きを読む ]

4-5、音のアルバム製作

2023年05月25日 06:00

(3)音楽舘③昧/CD
zanmai.jpg
2007年04月15日発売(LAB-0714) ¥2000-
音楽舘15周年を記念して、音楽舘で活動中の15人の作品を収録したCDを製作。

<収録作品>
[ 続きを読む ]

4-5、音のアルバム製作

2023年05月24日 06:00

(4)音楽舘4EVER/CD
4everjake2.jpg
2010年05月20日発売(LAB-1018) ¥1500-
「音楽舘③昧」に参加出来なかった会員さんの要求で製作。

<収録作品>
[ 続きを読む ]

4-6、音楽の付加価値とは?

2023年05月23日 06:00

音楽の付加価値は、その作品(楽曲)の広がりや必要性で決まるのが、正常な時代だと思う!。音楽舘は、時代に埋もれそうな作品(楽曲)を発表(発信)出来る場で有りたい!と願い続けている。
ongakukan-new11.jpg
[ 続きを読む ]

4-7、プロライブ実績

2023年05月22日 06:00

1992~2022年、合計実績数=725本。
音楽舘「プロライブ」とは、60分以上のソロ企画ライブを言う。
各年度毎の実績詳細は、こちら
★プロ・ライブの「チャージバック制」を廃止!(2022/10/01)

★<135本>八木たかし/倉敷
athome55.jpg
※音楽舘舘長。2001年までは、年1回程度。2002年より、偶数月の第三日曜日定例ライブ開始。
★<52本>松山隆宏/東京
matuyama.jpg
※元フォークグループ「ケメ」のギター。解散後ソロ活動。毎年1~2回程度来館。
★<49本>岸部眞明/大阪
kishibe-p.jpg
※中川イサト氏に師事されたギターインストミュージック。毎年2~3回程度来館。
[ 続きを読む ]