FC2ブログ

6、作品集④/歌集「空にあこがれ」

2020年09月12日 06:00

エッセイ「走ることしか知らない男の物語」
akogare.jpg
1988年3月発売(歌集/エッセイ)
今、頭の中がカラッポです。このSONG BOOKに、全てを吐き出した私に見えるのは、「八木たかし」の未来である。いつも輝いていたかったから、自分の中に「優位性」を追い求め「今、何が出来るか!」と走り続けてきた。何故か、そんな私のそばにいつも「うた」があった。その「うた」は、私が創る以前にもっと生々しく目の前をふさいでいた。私は、前に進むために「その現実」を唄った。唄うことで「その現実」は美しくなりすぎたり、一面的な見方で、唄えなくなった「うた」たちが半分以上あって驚いた。このSONG BOOKに収めた74曲(181曲の中から)は、今の私が大切に唄って行きたい「うた」たちです。今の私を支えてくれている「うた」たちです。あなたの支えにもなれれば、こんな幸せなことはない。カラッポの頭の中に、映る「醜い現実」を明るく生きて行くためにひとつひとつを見つめ直し、唄って行きたい。やっと、二十歳になった青年のような瞳で・・・。
1988年3月20日
[ 続きを読む ]