FC2ブログ

涙 が 空 か ら

2020年03月19日 06:00

No.266
詩:阪口和世
曲:八木たかし Key=G
(1998/03)仲間を亡くした時。「残された者の生き方を考えるのが弔いの席だ」とお坊さんが・・・。(和世)  「弔」という字は、天に向かって伸びる一本の道に絡まる蔦を意味しているのだとの、僧侶の言葉にこの作品が生まれたようだ。残されたもののやり場の無い悲しみを、生きる力に変えられるのも人間の素晴らしい所ですね。そうやって、歴史は創られたのでしょう!。改めて、今を大切に生きたいと思った。  関連記事参照
sakagutikazuyo.jpg
[ 続きを読む ]