FC2ブログ

ラ ラ バ イ

2020年02月08日 06:00

No.305 
原詩:金 潔
詩/曲:八木たかし Key=Em
(2006/01/12)親しい友人や、尊敬する仲間達が他界する度に唄が生まれた。その事実を現実を、自分自身に納得させるように・・。その繰り返しが人生なんでしょうね。生きている時は、誰かのお世話になり支えられている事に気付かず、失ってその偉大さに気付いたり・・・。過去に拘り過ぎると、欝になり・・未来を考え過ぎると、投げやりに分裂気味になる弱い自分・・・。過去・現在・未来・・・そのバランスが大切なのだろう・・・それが唄であり、唄の中に発見した時・・・もう少し唄いたい!と思えるのだ。(関連記事参照
pandakane.jpg
[ 続きを読む ]