FC2ブログ

 風

2020年01月31日 06:00

No.314 
詩:有吉 司
曲:八木たかし Key=C
(2010/05/17) FS20期生の有吉さんの詩に曲を付けたのは、2曲目です。私より、20歳も年上の有吉さんの歌詞は、単純な言葉なのに唄う度に、深さとその重さを感じるから不思議だ。タイトルは、漢字一文字への拘りも素敵だ。
(2014、玉野市渋川海岸にて・・・)
tamano1.jpg
[ 続きを読む ]

へいわってすてきだね

2020年01月30日 06:00

No.316 
詩:安里有生(あさとゆうき)
曲:八木たかし Key=Eb
(2013/06/24)沖縄戦の全戦没者を悼む「慰霊の日」追悼式(2013/06/23)で、日本のいちばん西にある小学校、沖縄県与那国町立久部良(くぶら)小1年の安里有生(あさとゆうき)くん(6歳)が、自作の詩を一生懸命読み上げた。最近ひらがなを習い終えたばかり。県平和祈念資料館が募った「平和のメッセージ」に寄せられた1690点の中から選ばれた。安里くんの朗読をテレビで拝見して感動。翌日に、ギターで唄っていました。( )内の詩は、原詩です。
(絵本も、作られたようです)
asatoyuki1.png
YouTube-logo.png 2017/12/14、公開
[ 続きを読む ]

家鴨だって飛べるはず

2020年01月29日 06:00

No.317 
原詩:家鴨「真っ白な通知表」「臙脂色」「箱庭」「雨宿り」「ものの種」より
補詩/曲:八木たかし Key=G
(2013/10/05)11/10、フォーク・デュオ「家鴨」の2人の結婚を祝って創作。
(都窪郡早島町 美しい森の白鳥)
hakutyou.jpg
[ 続きを読む ]

旅 の 道 標

2020年01月28日 06:00

No.319 
詩/曲:本田ゆみこ  
補詩/補曲:八木たかし Key=F
(2017/04/02)フォークスクール22期生の本田さんの作品。当初「冬が来る前に」と言うタイトルで発表された。タイトルで、唄う時期が限定されるから・・・とか、サビをゆっくり目でイントロにしたら・・・とか、Aメロへのコードの繋がり・・・とか・・・。彼女は、それに素直に創り直してくるが・・・しびれを切らして私が補作。それは、私にはない素敵なメロディーと詩だったからです。
(絵:amatsubame)
tabiehon_.jpg
[ 続きを読む ]

あなたとなら

2020年01月27日 06:00

No.320
原詩/阪口和世・真治
補詩/曲:八木たかし Key=G
(2017/05/18)2017年4月18日02:40分、阪口和世(満54歳)さんは永眠されました。「お別れ会」終了後に、真治(夫)さんから参列者や弔問者等の皆さんに、和世さんの「最後の詩」を引用された報告とお礼の文章を頂きました。その文章の、真ちゃん・和ちゃんの言葉と僕の気持ちで、月命日(同年5/18日)に創作。

★いつも、ライブ映像や写真を提供下さる「isokenken」さんの投稿!。
[ 続きを読む ]

生きていることは

2020年01月26日 06:00

NO.321
原詩/原曲:山木康世(ふきのとう)
詩:合唱団パンダ、18th定演の言葉より
補詩/補曲:八木たかし Key=Cm
(2017/11/05)2017/09/30音楽舘ライブで、「山木康世」さんが最後から2曲目に歌われた「生きてることは」に感動した。CDを求めたが、制作されておらず、後日メールで歌詞とコードを頂いた。同い年だから響く、山木さんの作品を借りて・・・自分にとっての「生きていること」を考えて見た。そんな時、2005年のパンダ定期演奏会に綴られた「今、生きていると言うこと」の歌詞を思い出した。詩先行の作品が多い中で、山木さんの曲で唄って見たら・・・何だかちょっとしっくり来たので、登録する事にした。その後、何度も唄う中で歌詞を変更して・・・2018/07/07、未曾有の西日本豪雨後・・・「生きていること」の複雑な喜びを実感!、やっと歌詞が固まったかな?。
(1945年、終戦直後の岡山市街地・・・・)
Okayama_after_the_1945.jpg
[ 続きを読む ]

With You

2020年01月25日 06:00

No.322
原 詩:北村 ゆか
補詩/曲:八木たかし Key=G
(2019/03/11)☆2018/07/06~07、西日本豪雨被災地の復興応援の唄として。東北大震災から、丁度8年目の3月11日に創作。
(絵:amatsubame)
gouu.jpg
[ 続きを読む ]

ぼくに歌を聴かせてくれ

2020年01月24日 10:33

詩:田辺和雄
曲:前田空良
歌:クラクラ
クラクラ:田辺和雄、前田空良の二人を中心に、音楽が好きなら楽器ができないくても参加出来るバンドを目指して出来たのが「クラクラ」です。よって、メンバーの入れ替わりは激しく、時には十名を超えるバンドになったこともあります。活動歴は十年を越えていますが、田辺和雄が突然「バンドを続けると親が悲しむ」と言う、訳の解らない理由により、バンド活動を停止することになり、このCD製作を最後に解散ですが、それぞれが頑張れる「力」になることを願っている。
cd9omote.jpg
[ 続きを読む ]

手よ足よ声よ

2020年01月24日 09:28

詩:田辺和雄 
曲:前田空良
歌:クラクラ
前田空良:日常感じた事を歌にする、と言うか感じた事しか歌に出来ない。鼻歌のような歌が創りたい。好きな言葉=女々しい。嫌いな言葉=努力
cd9omote.jpg
[ 続きを読む ]

懐 か し の 道

2020年01月24日 08:08

詩:田辺和雄
曲/歌:TOMOE
TOMOE/ 鈴木朋恵:さぬき市志度町在住。2001年9月頃より創作ライブ活動開始。主な活動は「讃岐空援隊/お座敷ライブ」「オレンジタウン駅/駅錬ライブ」
cd9omote.jpg

[ 続きを読む ]