FC2ブログ

8、活動実績

2019年10月27日 06:00

■1968~■1976年・・・コンサート/出演=約60本
1976.jpg
1976年12月、愛知県名古屋市「日本福祉大学」学園祭
[ 続きを読む ]

9、<エッセイ集>何のために、誰に向かって

2019年10月27日 05:00

9-1、ギターと共に
◆1964~1976・ギターとの出会いから
◆1977~1997・ギターに感情を込めて
◆1998~2020・まるで人との出会いだ
guitar_convert_20090515110902.jpg

9-2、CMソング
[ 続きを読む ]

9-1、<エッセイ集>ギターと共に

2019年10月27日 04:00

◆1964~1976・「ギターとの出会い」

私が唄い始めたのは、母からプレゼントされた「ギター」との出会いが、全ての始まりだ。私の一番近い所に、いつも「ギター」が有った。そして、包み込む母の優しさで励ましてくれた・・・私の心を一番よく知っていたのも、私の「ギター」たちかも知れない。

①:スズキ ガット・ギター・・・1964年、中学二年生の誕生日に、母からプレゼントされた(中古品)。
1967.jpg   ②1971.jpg
②:KAWAI フォーク・ギター・・・1969年、大阪H電機に入社。初任給は、手取りで¥3万円程度だった。通勤途中にある質流品販売店の店頭に展示されていた、小振りのフォーク・ギター(¥6千円)に目を奪われた。(写真中央が私。和歌山県・白浜にて・・・)
●同僚もギターが欲しい!との声に、母からの①ガット・ギターを同僚に譲って、購入した。
[ 続きを読む ]

9-1、<エッセイ集>ギターと共に

2019年10月27日 03:00

◆1981~1997・「ギターに感情を込めて」

新しいギターを購入するたびに、新曲も生れた。どちらかと言えば「感情」をギターに乗せ・・・唄は、淡々と言葉を正確に発したい方だから、豊かな「感情」を持っている「ギター」がいい。

⑦:Headway HJ-908・・・1981年、凄いギターが倉敷に3本入荷との連絡が、楽器店より有って、弾いて見てそのパワーに驚き・・・⑤YAMAKIと⑥KAWASEを手放して資金を集め、購入した。LP「我古里」を製作。音楽舘で主に使用中ですが、レア物としてネットでも高評価されている。それでも弦を良く切って居た私なので、テレビ出演で3曲唄うそのために、楽器屋さんで引き比べてパワフルな音のYAMAKI(¥50000-/⑦-2)をサブとして購入した。
 ⑦HJ-908.jpg   ⑧elite_1868.jpg
[ 続きを読む ]

9-1、<エッセイ集>ギターと共に

2019年10月27日 02:00

◆2000~2019・「まるで、人との出会いだ」

1本のギターで走り回っていた時期も有ったがが・・・気が付くと、5本のギターが傍に居た。どれも、手放せない。でも、心の何処かでそんなギターを手放しても良いと思わせてくれる「ギター」との出会いも期待しているから、やっぱり人間の出会いと同じだね。

⑪:Gibson J-50・・・2000年、息子が、何を思ったか?突然購入!。昔から、ギターの代名詞の「Matin」「Gibson」だから、逆に使いたく無いのはAB型の血でしょうか?(笑)。でも、30周年「我古里」コンサートでは、ちょっと借用しましたが流石に「Gibson」でした。その後は、息子の家のケースの中で冬眠中!。今の内にガンガン弾いてやらないと・・・!っと、私の所に出向するように説得するのだが「壊れた時に保障出来ない人には、預けない!」だって、可愛くないね。今頃、まだケースの中で「引きこもり」かな?。
j-50-sm1.jpgguitar-vg.jpg2012年vg2013.jpg
[ 続きを読む ]

9-2、<エッセイ集>CMソング

2019年10月27日 01:50

◆1998年・「サブリーナ・タウン・・・20周年」

1998年、倉敷市の笹沖にある「サブリーナ・タウン」が、20周年に向けて店内で流す「CMソング」を一般公募している情報が、「FMくらしき」でレギュラー番組を持っていた息子から入った。
saburina.jpg
[ 続きを読む ]

9-2、<エッセイ集>CMソング

2019年10月27日 01:40

◆1998年・「ITO-GOFUKU」・・・店内放送用

「サブリーナ・タウン」の企画自体が没になり・・後日、その公募企画会社の方が謝罪に来られて、別件の「ITO-GOFUKU」を今度は、私を指名で・・賞金額も倍額で!・・創作依頼があった。
itogo.gif
[ 続きを読む ]

9-2、<エッセイ集>CMソング

2019年10月27日 01:30

◆2008年・「(株)荒木組、イメージ・ソング」

2001年、倉敷市民会館大ホールで「30周年我古里コンサート」を開催。その会場に居られた「荒木組」のF氏より、それから7年も経って・・私の作品を「CMのバックに採用したい!」との要望が有りました。
30kaizyou_convert_20080709145839.jpg
[ 続きを読む ]

9-3、<エッセイ集>歌は、世に連れ

2019年10月27日 01:00

◆2017/08/28・「音楽舘25周年企画」<REPORT>

◆25時間連続ライブ!大盛況!
   8/26-27「優しい笑顔が、虹になる」
★七つのライブが、それぞれの色を発し・・存在意義を訴えていた★
25thlive.jpg
 全ライブ終了後の余韻の中で・・・・音楽舘ロビーにて!

※50組の出演者と80人が集った・・・真夏の夢の競演、でした。
25周年ビラ 25thsutekkar.jpg
[ 続きを読む ]

9-3、<エッセイ集>歌は、世に連れ

2019年10月27日 00:00

◆2016/08/28・「生涯目標、達成!」

1979年(創作曲100曲達成記念)、ファーストアルバム(LP)を制作した時点で根拠のない目標を立てた。生涯の創作曲数=300曲。アルバム作品集(LP/CD/TAPE)=3枚。1冊の本(自伝エッセイ的な)。現在、創作曲数は、318曲。アルバム作品集は、11枚。自伝エッセイ&歌集を、1冊。つまり、当初の目標は全てクリアしたのだが・・・本だけが、少し心残りでした。一度印刷された本は、そこで時間が止まり・・・印刷中も、出版されてからも・・・今、起きている事や感じた事は、次の機会を待たなければならない。そんな時、長生きはするものです。このblogに出会った。それは、私に「もう一日!確かに生きる力」を与えてくれたような気がした。
cd11_convert_20090601151733.jpg cd10a.jpg
cd9omote.jpg cd8gakori21.jpg



[ 続きを読む ]