FC2ブログ

時代の海を越え

2019年02月28日 06:00

No.204
詩/曲:八木たかし Key=C
(1989/05)過ぎ去った時は、それぞれ違っていても・・・訪れる時は、同じ筈。1990/01/14結婚する仲間(角南君と冨美ちゃん)に贈った作品。祝う会の記念品としてカセット・テープを製作。音楽舘が出来る前のJR山陽線沿いの事務所で録音したが、上り電車が通過する度に録音をやり直した「♪貨物列車が通ると揺れた♪」・・・思い出の作品みなった。
shinroushinpu.jpg
[ 続きを読む ]

ことばを下さい

2019年02月27日 06:00

No.205
詩:田辺和雄
曲:八木たかし Key=Am
(1989/06)香川県在住の「脳性麻痺を楽しむ詩人(自称)」田辺さんとの出会いで創作した、彼との代表曲です。
koureisya.jpg
[ 続きを読む ]

風 の よ う に

2019年02月26日 06:00

No.207
詩/曲:八木たかし Key=Em
(1989/10/17)「風」は、歌詞に良く使われる言葉で・・・それは、色々なものに比喩出来るからだろう。自分であったり、仲間であったり・・時には、全ての人間であったり社会システムであったり・・。単に空気の流れでしかないのに・・多分、形が無いけど音がある事が想像を膨らませるのだろう!。創作のテーマや言葉に困ったら、風を使ってみるのも良いかも知れないね。
midori.jpg
[ 続きを読む ]

小   犬

2019年02月25日 06:00

No.208
原詩:田辺和雄
詩/曲:八木たかし Key=Dm
(1989/11)香川県の「脳性麻痺を楽しむ詩人(自称)」田辺和雄さんの、優しさ溢れる詩に魅せられて創作。生きる事への孤独感は、人間もみんな同じで・・・だから、創る事で唄う事で人と繋がって居たいんですよね。
(絵:amatsubame)
inu.jpg
YouTube-logo.png 2017/12/14、公開
[ 続きを読む ]

我が人生に悔いはない

2019年02月24日 06:00

No.209
詩/曲:八木たかし Key=G
(1989/12)癌で余命一年を宣告された父に、ステージの上から贈ろうと創作。1990年2月、倉敷文化センター/大ホールでHome Ground Concertを急遽開催し唄った。癌を宣告するMCは、やはり出来なかった。客席から撮って頂いた写真のあちこちに、何故か?父の後姿が写っていたのが・・・不思議だった。(関連記事

YouTube-logo.png 2017/12/28、公開
[ 続きを読む ]

僕が生まれた国

2019年02月23日 06:00

No.210 
詩/曲:八木たかし Key=Em
(1990/02/18)土井大助氏の「1989~1990」と言う詩を読んで・・・。1990/02月、世界が注目する「総選挙」真っ最中に・・・・!。
irakukuubaku.jpg

[ 続きを読む ]

孤独なRunner

2019年02月22日 06:00

No.211
原詩:田辺和雄
補詩/曲:八木たかし K=Em
(1990/03)香川県在住の「脳性麻痺を楽しむ詩人(自称)」田辺さんとの出会いで創作した曲。田辺さんと一緒に演奏する時は、必ず「ことばを下さい」の後にセットで唄います。唄いながら、田辺さんの「孤独」と私の「孤独」が、重なって行くのが感じられるから・・・。
(絵:amatsubame)
zitennsya.jpg
YouTube-logo.png 2017/12/14、公開
[ 続きを読む ]

地 球 の 日 に

2019年02月21日 06:00

No.212
詩/曲:八木たかし Key=G
(1990/04/17)=EARTH DAY 1990国際統一行動日に寄せて=創作。1990/04/22、玉野市王子ケ岳山頂のレストハウスで行われた市民集会に出演させて頂いて、唄った。
earthday.jpg

[ 続きを読む ]

手の平の古里

2019年02月20日 06:00

No.213
詩/曲:八木たかし Key=C
(1990/05)奥津町の地形が、左の手の平に似ていた。訪れる度に、高齢化し減少する「反対同盟」の人達。まるで、それを待っているかのような・・・県や国。活断層が誰の目にも見える所に、ずさんな第二ダムの建設計画。環境や自然を破壊する「ダム計画」。流域の市町村には「不必要な水」を押し付け、県民には「高い水道料」を負担させるダム。一体誰のためのゴリ押しなのだろうか?。「ダムをつくれ」を創作
tenohira.jpg
[ 続きを読む ]

ダムをつくれ

2019年02月19日 06:00

No.214
詩/曲:八木たかし Key=Am
(1990/05)丁度、同じ頃・・・私の父が、先祖代々からの土地を分譲住宅のために殆んどを手放し、残った土地で「自営」を始め、そこに引っ越して来られた人の「嫌がらせ」とも思える行動に、「移転」を余儀なくされた。酒びたりの父の姿が、奥津の人と心情的に重なった。結局、40年以上の「反対」を押して建設されることになった。今も、そのダム湖の底には、私の唄と一緒に「古里を愛する魂」が静かに眠っている。創った当時中学生だった息子には、ダム建設反対なのに「ダムをつくれ!」の歌詞は、ちょっと難解だったように見えた。
okutu.jpg
[ 続きを読む ]