FC2ブログ

あした天気になぁれ

2018年02月28日 06:09

No.128
詩:堤 史
曲:八木たかし Key=A
(1982/02) 岡山にある総合福祉施設「旭川荘」の中に、色んな事情で両親と一緒に暮らせない子どもたちの施設「乳児院」がある。そこで職員として働いていた堤さんから、詩を投稿頂いた。作品は、山陽新聞でも大きな記事で掲載されたが・・・。無力感に慕ってはいられない。やっぱり、唄い続けたい作品だ。
ashitenshi.jpg
[ 続きを読む ]

長 い 道

2018年02月27日 06:05

No.129
詩:高松良之(19歳)
曲:八木たかし Key=F#m
(1982/02) 「何故」は、結論では無く「出発」に使いたい。「諦め」では無く「可能性」の意味に使いたい。長い人の歴史は、そうやって受け継がれて来たのだから・・・。今、私たちが「何故」と感じる事実を、感じた「あなた」と、一緒に伝えて行きたい!。(関連記事参照
tamano3.jpg
[ 続きを読む ]

遠いあの日の子守唄

2018年02月26日 06:09

No.130
詩:永口和世
曲:八木たかし Key=E
(1982/02) 奈良に海はないけれど、聞こえる・・よせてはかえす波の音・私の命の音が・・(和世)。彼らとのファーストコンサートの前日、病棟での交流会で「うた」は、「可」「可」「欠」(可能性が二つ欠ける)「歌」では無く、「口」「貝」(海辺で人知れず貝がそっと口を開くような)の「唄」を唄いたい!と話した事から生れた「詩」だった。(関連記事参照
cd10a.jpgtohianohi.jpg
[ 続きを読む ]

ぼくの姉さん

2018年02月25日 06:08

No.131
詩:森本哲夫(20歳)
曲:八木たかし Key=G
(1982/02) 1982年9月26日、LP「我古里」製作記念コンサートのライブ録音。当日は、奈良から合唱団パンダの主力メンバーが参加して唄ってくれました。作詞者の森本君とパンダの素敵なハーモニーに、会場も一体となり盛り上がった。小西君いわく「フーッツ、フーッツ」のコーラスは、タコヤキを冷ましている所だとか・・・・。(関連記事参照
homegl3.jpg
[ 続きを読む ]

線 香 花 火

2018年02月24日 06:03

No.135
詩:永口和世
曲:八木たかし Key=Em
(1982/09) 儚さの中にある力強さ、自分もそうありたいと願った。(和世) 関連記事参照
senkohanabi.jpg
[ 続きを読む ]

ぼくのなまえは

2018年02月23日 06:26

No.136
詩:はしずめひろお(9歳)
曲:八木たかし Key=D
(1982/09) 「なまえ」それは、人間を判別する記号のようなものだが、不思議と似合う人に出会うと嬉しくなる。誕生の喜びを「なまえ」に託す、人間のロマンチックな部分を感じた。苗字は、英語では「Family name」と呼ばれるように、自分では選べない悲しさもある。歴史的には、苗字を持てない時代も有ったり、未来的には「夫婦別姓」子どもが、両親のどちらかの苗字を選べる時代も来るのだろうか?。(関連記事参照
tamano2.jpg
[ 続きを読む ]

君 は そ よ 風

2018年02月22日 06:03

No.138
詩:大上昌伸(21歳)
曲:八木たかし Key=C
(1982/12) 「生きてる」存在感は、周りの「もの」によって感じられる。人であったり、風であったり、時には「時計」の針の音だったり・・・。「くしゃみをする」「眩しい」「涙が出る」「愛おしい」・・・生きていると言うことは、本来もっと「個人的」で「自由」な筈だ。そして、もっともっと楽しい筈だ。自作品の「風よ伝えて」と、同じ臭いを感じた。(関連記事参照
inu.jpg
(絵:amatsubame)
[ 続きを読む ]

私 の 物 語

2018年02月21日 06:01

No.139
詩:柳生久美(20歳)
曲:八木たかし Key=Gm
(1982/12) 自分の人生が物語のように、全て決まっているように感じる時がある。初めての街なのに、前に来たことがあるような気がする時がある。誰も理由や意味など背負って生れたりは、しない筈だ。生れて、そして、今生きている自分が、そのシナリオを書くのだ。誰もが生きて居て良かったと言える、そんな「物語」を。(関連記事参照
iwd1s.jpg
[ 続きを読む ]

今 は た だ

2018年02月20日 06:06

No.140
詩:大上昌伸
曲:八木たかし Key=A
(1982/12/21) (関連記事参照
yoakesuzumes.jpg
(絵:amatsubame)
[ 続きを読む ]

■HOT NEWS■ 2018/02/18

2018年02月19日 10:23

★偶数月の第③日曜日、音楽舘定例ライブ
athome97dms.jpg
※95回目より、紙風船が合流!して、支えてくれています。毎年2月は「夢よはばたけ」のテーマでしたが、今回より「生きていることは」に変更!。奈良の「真ちゃん」も、来て頂けるようです。参加者をゲストに、ますますat Homeに・・・・!

■HOT NEWS■

FC2Blog Ranking