FC2ブログ

The Day Before

2019年04月20日 06:00

No.150
原詩:坪井宗康
詩/曲:八木たかし Key=F#m
(1985/07) 核兵器を持つ国で、誰かが誤ってボタンを押して、その国は消えた。だから、大切なのは「Aftere」では無く、「Before」ですね。作品集2「我古里」に収録した、岡山空襲がテーマの「西川哀歌」に続く、坪井さんの平和への願いの詩でした。テレビで唄った日の前日に他界された。放送終了まで知らされなかったが、きっと天国には届いたでしょうね。
yume61.jpgmidori.jpg
[ 続きを読む ]

(4)作品、No.151~175

2019年04月19日 06:00

No.  タイトル  (原作詩者) 

1985年
151 母さんの子守唄(永口和世)
152 願  い (柳生久美)
153   道   (西田喜美子)
154 こんなにあなたを愛しているのに(小西利幸)
155 ボクの好きなもの (橋爪寛雄)
156 何が見えますか
157 唄 い な が ら
158 怪獣チビラの唄
159 アサガオの咲く街
1986年
160 その時のために YouTube-logo.png
161 一枚のハンカチ
162 うちの母ちゃんは世界一 (八木久美子)
163 そんな君たちだから 
164 虹 の 民 (Pete Seeger) YouTube-logo.png
165 山鳩のように (永口和世)
166 青い空の下で (東本信介)④
167 こ の 道
1987年
168 出発の歌 (三宝裕)
169 私たちの街に (沖長ルミ子)
170 L・P・G BLUES (刑部 京)
171 風に吹かれて
172 涙に向かって YouTube-logo.png
173 小さな紙風船
174 時の流れに (柳生久美)
175 ゆっくり・ゆっくり (永口和世)

■HOT NEWS■

FC2Blog Ranking

母さんの子守唄

2019年04月18日 06:00

No.151
原詩:永口和世
詩/曲 八木たかし Key=Cm
(1985/08) はじめは淋しさから・・・父母弟家族・・それぞれの思いがあることも知った。(和世) 関連記事参照
sakagutikazuyo.jpg
[ 続きを読む ]

願   い

2019年04月17日 06:00

No.152
詩:柳生 久美
曲:八木 たかし
(1985/08) (関連記事参照
mafura-ken.jpg
絵:amatsubame
[ 続きを読む ]

2019年04月16日 06:00

No.153
詩:西田 喜美子
曲:八木 たかし
(1985/08) (関連記事参照
tamano3.jpg
(2017年、玉野市渋川海水浴場)
[ 続きを読む ]

こんなにあなたを愛しているのに

2019年04月15日 06:00

No.154
詩:小西 利幸
曲:八木 たかし
(1985/08) (関連記事参照
panda6.jpg
[ 続きを読む ]

ボクの好きなもの

2019年04月14日 06:00

No.155
詩:橋爪寛雄
曲:八木たかし
(1985/08) (関連記事参照
homegl3.jpg
[ 続きを読む ]

怪獣チビラの唄

2019年04月13日 06:00

No.158
詩/曲:八木たかし Key=E
(1985/10) この頃から「イジメ」が、大きな社会問題として取り上げられだした。大人が色々手出しをする中で、やっぱり一番闘っているのは子どもたちだから、そんな子どもたちを励ます意味で創った。世界を繋ぐ子どもたちだから、子どもたち自身で切り開いて欲しいから・・・。保育園等のコンサートでは、良く唄います。
yumura2017.jpg
(2017年、湯村温泉「かくれんぼ(コスプレ)大会」)
[ 続きを読む ]

アサガオの咲く街

2019年04月12日 06:00

No.159
詩/曲:八木たかし Key=Eb
(1985/10) 倉敷に帰って間もない頃、倉敷青年合唱団の定期演奏会にゲスト出演させて頂いた。その中で歌われた組曲「水島」に感動した。歌い継いで行くために、組曲「水島」のレコード化の準備を開始した直後、関係上部団体からの否定的な意味不明な動きに断念。その中身を創作する事にした。父の転勤で水島に来た13歳の少女の公害認定されるまでの事実内容と、水島で新たに始まった大気汚染に敏感なアサガオ(スカーレットオハラ)を植える運動に呼応して創作。
konbinato.jpg
[ 続きを読む ]

その時のために

2019年04月11日 06:00

No.160
詩/曲:八木たかし Key=D
(1986/01) 「西川哀歌」「The Day Before」の作詞者、坪井宗康氏の最後の詩集のタイトルが「その時のために」でした。坪井さんの「その時」は、山陽新聞社に同期入社した友と語り合った「夢」でしたが、私にとっての「その時」は!を思いながら創作。当初歌詞は、3番まででした。歯医者さんで、親知らずを抜歯した時のBGMは「枯葉」でした・・・その時、先生の奥さんが男子を出産された連絡が入った。その帰りの車の中で、アゴを押さえながら4番の歌詞を口ずさんでいた。
sonotoki.jpg
YouTube-logo.png 2017/12/13、公開
YouTube-logo.png 2017/12/17、公開
[ 続きを読む ]