fc2ブログ

YouTube ・公 開 作 品!<最新、13曲!>

2022年08月16日 09:35

YouTube-logo.png GAKORI ch <INDEX>


YouTube-logo.png 2022/08/16、公開 (93) 歌 詞


YouTube-logo.png 2022/08/11、公開 (92) 歌 詞


YouTube-logo.png 2022/08/06、公開 (91) 歌 詞

☆with コロナ時代への「新たな道標」!☆ この時代に生まれた唄たちを、この時代に記録(残)して置く事が、創った責任でもあると思います!。まずは、100曲の音源と資料の公開を目指しています!。2021/07/20

FC2Blog Ranking

[ 続きを読む ]

僕 の う た

2022年08月19日 06:00

No.300
原詩:阪口真治「またひとつ夢が生まれた」
詩/曲:八木たかし Key=C
(2003/11/23)2005/01、大掃除中に楽譜を発見!本当は、NO.298だったのですが?・・詩を読みながら口ずさむと、過去の有名な作品がイメージされる場合がある。そんな時は、無理をせずそのメロディーで唄ってみる。これを私は「借曲」と呼ぶ。原曲を感じさせなくなるまで、何度も唄うと完成だ。ちなみにこの唄のイメージ原曲は、「夏が来れば思い出す静かな尾瀬遠い空・・・・」でした。(関連記事参照
pandashintyann.jpg
[ 続きを読む ]

(7)作品、No.301~325

2022年08月18日 06:00

No.  タイトル  (原詩/作詩者)

2005年
301 今、生きていると言うこと (パンダ)
302 卒   業 (中桐由里絵)
303 このベンチで (中桐由里絵)
304 黒百合の詩 (西田トシアキ)
2006年
305 ラ ラ バ イ (金 潔)
306 めぐる季節に (金 潔)
307 ずっと、これからも (西池正人)
308 今の自分に出来ること (西池正人)
2007年
309 母 の 手 紙 (手記より) YouTube-logo.png
310 ごめんなさい (川野雅美)
[ 続きを読む ]

今、生きていると言うこと

2022年08月17日 06:00

No.301
原詩:第18回に向けて綴った言葉より
詩/曲:八木たかし Key=C
(2005/02/25)奈良合唱団パンダ第18回定期演奏会に向けて綴った、その時の団員の言葉より・・・テーマは「今、生きていると言うこと」でした。その一言一言は、それぞれが一生懸命に自分自身と向き合って前を向いていて、単なる愚痴で終わっていない所が・・私にも響いて来た。愚痴る余裕もないギリギリの言葉だから、輝くのでしょうね。( )内は、作詞者名。
pandak0865_convert_20100105114250.jpg
[ 続きを読む ]

☆新着情報 ☆更新履歴

2022年08月16日 09:45

☆新着情報 ☆更新履歴

<2022>
■08/16 ●YouTube投稿93「虹の民
■08/11 ●YouTube投稿92「へいわってすてきだね
■08/06 ●YouTube投稿91「私の物語
■08/02 ●YouTube投稿90「ぼくの姉さん
■07/31 ☆7月実績、コンサート=0(3)本・出演=0(1)本・講師=1(6)本・YouTube=6(45)曲 ▼自粛=0(1)本
■07/28 ●YouTube投稿89「唄って下さい
■07/23 ●YouTube投稿88「ぶ ら ん こ
■07/18 ●YouTube投稿87「魔法使いのおばあさん
[ 続きを読む ]

卒  業

2022年08月16日 06:00

No.302 
詩:中桐由里絵(中2)
曲:八木たかし Key=G
(2005/04/08)インターネット時代だから出会えた、中学生が書いた詩。HPよりメールで投稿頂いた詩に、創作。
(2015年、倉敷市種松山の桜)
sakura.jpg
[ 続きを読む ]

このベンチで

2022年08月15日 06:00

No.303
詩:中桐由里絵(中2)
曲:八木たかし Key=C
(2005/04) インターネット時代だから出会えた、中学生が書いた詩。HPよりメールで投稿頂いたので、創作。事故で亡くなられた友達を、今日もここで待ちながら・・・なのかな?。
benchi.jpg
[ 続きを読む ]

黒百合の詩

2022年08月14日 06:00

No.304
詩:西田トシアキ
曲:八木たかし Key=Em
(2005/04/22) 奈良の「パンダ病棟」で出会った西田さん(↓写真、左から2人目)は、登山が大好きなようだ。それも、本格的なロッククライミングのようだ。毎年、同じ所に咲く「黒百合」に会うために、あの岸壁に挑むのでしょうか?。本当は、そこでずっと一緒に暮らしたいのでしょうか?。それとも人生は、長い短いでは無く・・一緒に過ごす時の一瞬の輝く笑顔だけでも、充分なのかも知れないね。
pandanishida.jpg
[ 続きを読む ]