FC2ブログ

■HOT NEWS■

2018年12月18日 00:00

athome102dms.jpg
(※↑DM葉書の写真は、101回目の様子です!)

★12/16()14:00- ~ことばを下さい⑯~
   共演:大森正義/紙風船/他、来場者と共に!
   ■¥2000-  ※3枚綴り回数券=¥4000-
   (100回突破!来場者にCDプレゼント中!)

■HOT NEWS■

FC2Blog Ranking

海 の 子 守 唄

2018年12月14日 06:00

No.290
原詩:鎮田たつ子(静岡)
詩/曲:八木たかし Key=Am
(2002/02/28)静岡県の東伊豆の稲取・大川・等で、3回ほど唄わせて頂きました。その主催者の一人だった鎮田さんの詩に作曲。コンサート後に案内して頂いた伊豆の海が、この詩のままでした。
izu51_convert_20080709153320.jpg
[ 続きを読む ]

虹のハーモニィー

2018年12月13日 06:00

No.291
原詩:福嶋加奈子(青森)
詩/曲:八木たかし Key=G
(2002/04/22)青森県八戸市下長公民舘「人権トーク&コンサート」では、ステージで一緒に唄わせて頂きました。
aomori.jpg
[ 続きを読む ]

ピ エ ロ

2018年12月12日 06:00

No.292
原詩:福嶋加奈子(青森)
詩/曲:八木たかし Key=Cm
(2002/05/03)インターネットで出会った青森の詩人「福嶋」さんは、脳性麻痺と言う病気を抱えていた。その後、青森を訪れた時、まるで何十年も友だちのような、とびっきりの笑顔で出迎えてくれました。でも、それがピエロだったら・・・ちょっと悲しいよね。
(青森県八戸市、下長公民館)
aomori.jpg
[ 続きを読む ]

報  復

2018年12月11日 06:00

No.293
詩/曲:八木たかし Key=G
(2002/09/12)アメリカの世界貿易センタービルを襲った「9.11」は、まるで昨日のように世界中に衝撃を与えた。一方「神風特攻隊」をイメージしたのは、私だけだろうか?。どうして?何故?・・・平和の仮面を被ったこの地球の未来を考えさせられた事件だった。日本でも、50歳代の息子が80歳代の父親を殺害する事件が起きた。裁判が進む中で、父親の息子への虐待の過去が判明して息子の罪が少し軽減されたとか・・?。でも、失われた生命が甦るわけでも無く・・尊く、重い犠牲の上に私たちは、生かされている事を再認識させられた。この無関係に見える二つの出来事が、私には同じに見えるから、その解決には途方も無い時間が必要な気がする。
9-11.jpg
[ 続きを読む ]

君の翼になれたら

2018年12月10日 06:00

No.294
詩/曲:八木たかし  Key=G
(2003/01/28)続けると言う事は、マンネリ化との闘いと共存だ。どうしても変化を求め、変わった作調を求めてしまうのは・・一見、聴き手への配慮のように見えるが・・実は自分への飽きと限界への足掻きだ。歌は世につれ・・・と言われるように、時代は流れ・・世界も生活も少しずつ変わり、歌も変わる。ただ、大切な事は変わらない筈だ。変わらない・流されない姿勢こそ、一番大切な事にやっと気付く。歌だけが急激に変わる事は、無い。大切なものを失ったり、大切なものに出会ったり、それらが生き方の成長に繋がった時、新しい唄が生まれると思う。
(絵:amatsubame)
tubasa.jpg
[ 続きを読む ]

いい夢 みてね

2018年12月09日 06:00

No.295
詩:本田ふみ(6歳)
曲:八木たかし Key=G
(2003/07)生き物の絵を描く事が好きです。お気に入りは、鳥・馬・鹿・鯱・鮫。深海魚とか、海の中の生き物が出てくるテレビも好きです。「ガリミムス」と言う恐竜は、本当は足がとっても速いけど・・・「のんびりやさんのガリミムス」と言う絵本を創りました。おふとんに入って、絵本を読んだその後・・・いつものおやすみのごあいさつ・・・。
(絵:amatsubame)
torinoe.jpg
[ 続きを読む ]

白 い 雲

2018年12月08日 06:00

No.296
詩:金 潔/3番:八木たかし
曲/八木たかし Key=C
(2003/08/10)唄は、ビジョンでもある。一見、現実からの逃避にも見えるから、大切なのは、その唄の中の作者の位置である。作者の位置が、ノンフィクションであればあるほど、言葉は光る。逆に、傍観的で思い込みのフィクション的な言葉だと、作者の作為を感じてしまう。より現実的で有るほど、ビジョンは永遠に広がり・・ささやかな願いであるほど、共感は広がるものだ。そのささやかな願いは、一瞬の感動を生む「俳句」や「短歌」の日本人の心にも通じると思う。(関連記事参照
pandakane.jpg
[ 続きを読む ]