FC2ブログ

■HOT NEWS■2020/05/22

2020年05月30日 15:00

新型コロナ対策「緊急事態宣言」
一都三県と北海道以外は、解除!
需要の有る所から活動再開!
音楽舘は、クラスター業種らしい!
ですから、5月中は自粛継続かな?

hawai2017.jpg tamano2.jpg
♪人は誰かを待ち続け、人は一日を終わるように・・・人は何かを待ち続け、人は人生を終わるように・・・♪ 「私の孤独」より
※3月より、基本的に月・水・金曜日の午前中「音楽舘」で、事務処理等々。他の日は、孫たちとの「学童保育」とこれからの自給自足に向けて「農業体験実習」(夏野菜植えました。サツマイモ植え準備中!)。そして、音楽舘の「終活」も、ゆっくりゆっくり具体化出来ています。「緊急事態宣言」解除で、5/28(木)に「コンサート」も決まりました(3ヶ月ぶりで、声が出るかな?)。音楽舘も、利用者の需要で徐々に再開を考えよう!。クラスター対策は、所謂「ライブハウス」の概念では無く・・音楽舘は、飲食を伴わない「貸ホール」ですから「三密」等も一般的な感染リスクの低減対策で、利用者と一緒に知恵を出し合えば再開出来るのではないだろうか?。「音楽舘」と共に残された時間に、更なる「充実心」を感じながら・・・・「古 希 再 燃 !」

■HOT NEWS■

FC2Blog Ranking

友   よ

2020年05月25日 06:00

No.188
詩:仲神美貴子
曲:八木たかし Key=Em
(1988/07/07)重度の脳性小児麻痺の仲神さんは、歩く事がやっとで・・・言葉は全く出ない。そのもどかしさが、文字となって吐き出されてくる。一冊の詩集を出版する事が、まさに生きている証のように思えた。「友よ」が、私で有りたいと思った。
nakagami.jpg
[ 続きを読む ]

唄わずにいられない

2020年05月24日 06:00

No.190
詩/曲:八木たかし Key=G
(1988/09/10)美星町五万原で開催された「第三回、岡山フォーク・キャンプ」に向けて創作。唄うと言う事は、相違点をつつきあう事では無く、一致点を確認する為の問題提起だと思っている。ピート・シーガーの来日共演を期に開始したフォーク・キャンプだから、ピートの「How can I keep from Singing!/唄わずにいられない」と言う言葉を、ずっとテーマにする事にした。
folkcamp2.jpg
[ 続きを読む ]

又、会えるよ

2020年05月23日 06:00

No.191
詩/曲:八木たかし Key=A
(1988/09/15)水島運動公園で開催された「健康まつり」若者広場でコンサート。その出会いや感動を忘れないために・・・その当日、その会場で創作!。
sky.jpg
[ 続きを読む ]

■HOT NEWS■2020/05/15

2020年05月22日 11:07

新型コロナ肺炎の感染流行防止
「緊急事態宣言」岡山県は解除!
されたが、5月中の活動は自粛!
音楽舘も、再開ガイドライン検討中!

utanosato.jpg ongakukan-new11.jpg
♪誰が唄い始めたのか? 誰に聞いた歌なのか? 妙に身体が懐かしみ いつの間にか口ずさむ 流行歌でもないのに♪
[ 続きを読む ]

☆新着情報 ☆更新履歴

2020年05月22日 10:10

☆新着情報 ☆更新履歴

■05/21 「緊急事態宣言」近畿解除!。クラスタ業種は自粛継続!
■05/14 「緊急事態宣言」岡山県解除!ですが、5月活動自粛継続!
■05/08 ★05/28(木)岡山市・ソワニエ看護専門学校「26期生」決定!
■05/04 全国「緊急事態宣言」延長で、5月の活動を自粛!
■04/30 ☆4月実績、コンサート=0(2)本・出演=0(2)本・講師=0(16)本。 ▼自粛=4(7)本
■04/17 全国都道府県「緊急事態宣言」で、5/6迄活動自粛!
■04/07 東京他六府県に「緊急事態宣言」で、4月の活動を自粛!
■04/01 新型コロナ感染による肺炎対応で、「三つの密」解消策を発表。
[ 続きを読む ]

勇   気

2020年05月22日 06:00

No.192
詩:谷 淳美
曲:八木たかし Key=G
(1988/09/25)水島の歌声喫茶「JUNJUN」のメンバーだった岩田さんの結婚に寄せて・・・その仲間たちで創作。唄の間にそれぞれの手紙を朗読して、その当日(1988/11/19)に発表した。
shinroushinpu.jpg
[ 続きを読む ]

私 の 孤 独

2020年05月21日 06:00

No.193
詩/曲:八木たかし Key=Am
(1988/10)人の思いが自分の思いに重なった時に、作品が出来る場合が多いが、時々自分の思いだけで創りたくなる時がある。きっと、それは自分への応援歌としてだろう。ネパールの楽器が、より孤独感を表現してくれた。ジョルジュ・ムスタキの本のタイトルを借りました。ムスタキも、自伝的エッセイ本の中で「孤独と二人」だと、自分を励ましていた。

YouTube-logo.png 2017/12/19、公開
[ 続きを読む ]